人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

クロムハウンズを買う

 いつもと違う店に買いにゆく。レジにはぼちぼちとコアそうな人がやってきて、むっとした顔で限定パッケージを買い求めては去ってゆく。同じ日の発売の「超ドラゴンボール」ではなくて、みんなクロムハウンズ買ってるのだ。X-BOX360ユーザーとはこういうものなのか?なんか怖くなってくる。自分もレジでクロムハウンズくださいと言うと気のよさそうな店員が「360はねえ、もう扱わないっているところが出てきてるんで、限定パッケージもほんとに少ししか入荷してきてないんですよ。おもしろいのになあ・・・・360・・・・ぼくも買って帰ります。このゲームもチームで対戦できるらしいんでバトルフィールド2から人を引っ張ってこないといけないかな?って思ってるんですよ。あの〜よかったら僕のフレンドコード登録してもらえませんか?またどっかで会ったらよろしく」とコードをその店員はメモってくれる。そういうX-BOXLiveの機能は全然知らなかったので、家に帰って打ち込んでみると、プロフィールからその人のやってるゲームとかまでわかってしまう。ふーん、そういう人だったか?
 ゲームは、まだはじめたばっかでよくわからないけれど、オンラインで楽しむためには、まずシナリオモードでパーツ集めてからのほうがよさそうだな。

2006年6月25日 (日)

うちのDS Lite

 家内が100均ショップでナイトメアビフォアクリスマスのシールを見つけてくる
Dsc05873

Dsc05874

 貼り付けてみるとなかなか具合がいい。もうちょっと細かなシールが付属してるといいのだけれども・・・・。DSの情報本でもLiteにこちゃこちゃシール貼り付けてオリジナリティー出してる人とかいるみたいで、すご~くセンスのいい人もいる。私はこういうのはすごーく賛成だけれどもセンスはないんだな。

Newスーパーマリオブラザーズに怒れ!

 よく行くゲームショップのポイントカードがたまったので、中古のNewスーパーマリオと引き換えてもらう。DSでやる必然性があるのかどうかわからないゲームだけれども、なかなかよくできている。私はどうも初代からスーパーマリオのゲーム性は嫌いで認めているのはファミコンのマリオブラザーズだけなのだ。スーパーマリオ64もマリオサンシャインもどうもあのたかーいところから足踏み外してアウトになる感覚がどうしても好きになれなくて、代々やり込んだことはなかったのだ。息子らがこのDS版を欲しがって、それをプレイしている様子があんまりにも面白そうだったので、いっちょやってみようと思って始めてみたが・・・・・やっぱし、というかこれはスーパーマリオだった。ゲーム性はぜんぜん変わってないぞ。やっててすご〜くイライラしてくる。何度もDSライトを叩き割ってしまおうかという衝動に狩られてしまった。最近のゲームでは長らくこういう感覚はなかっただけに余計に腹が立つ。しかしながら、小学生はすごいというのか?なんかスイスイ進んでいるようで、もうステージ5だの、裏技だとか、ショートカットだとかどこからおまえらそういう情報を仕入れてくるんや?(どうもコロコロコミックに攻略情報が載ってるらしい)
 松嶋菜々子さんはCMではなんかやたら面白そうだったがぜったいあれはうそや。もし、ほんまに楽しんでいるのならば相当なすご腕ゲーマーに違いない(ちがうって・・・・)
 

2006年6月24日 (土)

SUBARU R1購入への道・・・

 愛車SUBARU VIVIOが相当くたびれてきた。走行する以外の部分がほとんどダメになってきているのだ。特にエアコンが効かないのは致命傷に近い。13年も乗ったのだしええ加減に通勤用で買うことにしたい。候補は色々だったが、やっぱしここは同じSUBARUのR1ということにした。車自体のできのよさと誰も乗っていないということでの優越感。この2点が大きい。資金繰りについては自分の小遣いを徹底的に切り詰めることでローン組んでやっていけることで家内にも了解をとる。
 午前中、SUBARUへ。応対はとてもよかった。ノーマル仕様のR1にも試乗させてもらって違いを感じさせてもらって考える。以前のSUBARUに比べすごく良くなった印象がある。結局選んだのはスーパーチャージャー付きの2WD。オーディオレス仕様で。シンプルに買っておいてあとで色々つけていってやりたい。ステラを勧められるかともおもったがそれはなかった。 担当さんがほかの会社の軽自動車の話も併せてしてくれたのだが、「やっぱし軽は軽くて小さくないと」というのが結論。三菱のIなんかはとても速いし、ダイハツのコペンなんかも魅力のある車だけれどもやっぱし重い。コペンなんかはオープンカーなので強度を保つのに重くなってしまっているらしい。
 納車まで3週間ほど。強く生きてゆこう。

復活のきざし・・・・か?

 一時は精神的にひどい状況に追い込まれてしまったが、色々と打った手がそれぞれに奏功したかんじでちょっとだけトンネル脱出の感じが臭ってきた。個人的にはMacBookPro買ったのが転機だったようにおもうのだが・・・・?非常に快適で申し分ない機械なのだけれど、モニタの中央下にある「MacBookPro」という銀色のロゴの「k」と「r」がなぜかはげ落ちてしまったぞ。どういうことなんですかねえAppleコンピューターさん?これまで意味わかんなかったGarageBandもどういうソフトなのかわかってきて、これけっこう面白いなあ。
 仕事から帰ってきて子供らが寝てから久しぶりにX-BOX360の「バトルフィールド2モダンコンバット」のオンラインで遊ぶ。X-BOX360は「CallOfDuty2」がいま非常に評判がいいので体験版をダウンしてきて遊んだのだが、自分の嗜好にはちょっとばかしあわなかったので買うのは敬遠してしまった。画面はめっちゃくちゃきれいなのだけれどなあ。さてバトルフィールド2はランクが一等軍曹と三等軍曹の間を行ったり来たりしていて、なかなか昇進してくれない。プレイ1時間単位内の獲得ポイントが今一つ伸びないのだ。殺伐としたゲームだが、単純に陣取りと考えてみると非常に凝った作りが楽しい。来週はいよいよクロムハウンズ発売だし、閃光の輪舞が7月に待機してるので楽しみだ。
 久しぶりに録画しておいた「よしもと」を見る。内場主演でひさびさにおもしろい!!不倫旅行の話で未知やすえさんが夫婦で共演。辻本まで出てきた大判振る舞いで古畑任三郎ネタが息子らにも受けていた。。

2006年6月21日 (水)

我が家はドラゴンボールブーム

我が家はドラゴンボールブーム

 今アニマックスでは「ドラゴンボール」の再々・・・・?放送をやっていて、息子ども2人がはまりまくってみているのでした。たまたま古本屋のクーポン券がたまっていたので「鳥山先生の漫画のほうがええで!」と洗脳しようと豪華本の方を買ってくる。これに娘と家内までもがいっしょになってはまり、もうえらいことになっているのだ。男と女の区別がつかない孫くんネタに小5の息子はえらくはまってしまい、さらに鳥山先生絵がうまいから感化され模写まで始める始末。下の息子には、こんどPS2で発売の「超ドラゴンボール」を買えとせびられている。でもこれはちょっと私も欲しかったりする。でも、この日はX-BOX360のクロムハウンズ買わないといかんしなあ・・・・。

2006年6月18日 (日)

ポケモンサンデーって

 あれ、ぜんぜんポケモンと関係ないんですよね〜。すごくくだらない。前回は「ダジャレ大魔王に勝つ方法」とかいって林屋ぺー、パー子が出てきてダジャレ合戦やってた。どこがポケモンなんや!!
060611_0820

 ところで、ポケモンダイヤモンド&パールの情報が少しずつ出てきてますね。すごくダブルカートリッジでアドバンスからポケモン持ってこれるらしいので、ホウエン地方のポケモンコンプリートした私としてはすごーく楽しみです。もうすぐ40歳ですが(笑)

「惑星大戦争」のDVDを買って見る

惑星大戦争惑星大戦争
森田健作 福田純 浅野ゆう子

東宝 2004-11-26
売り上げランキング : 26747

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 まあ、父の日ということでもないけれどなんか元気の出るもの買って帰ろうと思って、この映画を買ってしまう。おもしろい。中野昭慶監督の勢いだけの大爆発特撮がなんとも心地よいのが魅力だ。
 この映画については自分の本局にも想いを残しているのだが、再見してみて補足しておきたいことがたくさん出てきたのだった。スターウオーズの影響をうけたバッタモンという評価の本作だけれども、意外に「2001年宇宙の旅」っぽい画面作りを狙っていたのかな?という場面もあったりして興味深い。
 森田健作さん、宮内洋さん、沖雅也さんらの濃〜い主役陣に加えて栗原敏さん(シャリバンのガイラー将軍の人)とか西沢利明さん(宇宙刑事のコム長官)なんかが出てはるのがおもしろい。
 DVDの作品解説を竹内博さんが書いていて、きっと褒めるのに苦労したのだろうなあと思える文章がすごく笑えてくる。褒めるところないからって浅野ゆう子さんの足褒めることないだろう。

今日は大阪出張

大阪やなあ

仕事で来てます。帰り道日本橋にも寄りましたが色々と様子が変わってしまってますな。
昼食は「新梅田食堂街」というきたなーい路地にある「しんきょう」という中華料理屋で食べる。
060617_1132

学生のころからちょくちょく行ってるが、考え事してるときにはいっつもここで食べてるなあ。中華丼おいしかった。

2006年6月12日 (月)

ワールドカップ 日本・オーストラリア戦に思う

 日本の国歌ももっとイキな歌・・・・オレンジレンジみたいなのとか、槙原敬之の「ウンチャカ」みたいな歌だったらええのに。
 ♬〜みんなでウンチャカ(ウンチャカ)ウンチャカ(ウンチャカ)〜
ってのは日本の恥になってしまうでしょうかね?

帰ってきたウルトラマン1971を読む(?)

帰ってきたウルトラマン1971帰ってきたウルトラマン1971
特撮(映像)

ジェネオン エンタテインメント 2006-06-09
売り上げランキング : 5525

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 このムック本のシリーズ、ウルトラマンとセブンは買わなかったのだ。でも帰りマンは買ってしまう。やっぱし自分の中では帰りマンこそ自分の世代のウルトラマンと胸はって言えると思うのだ。ダンガーの回が自分が再放送でない初めてリアルタイムでみたウルトラマンであるという記憶とか、これみてるときに自転車買ってもらったとか結構自分の成長と記憶が合致するのだな。(それだけに帰りマンの世界観を引き継いでいるメビウスはひいきしてしまうのだが)  前に朝日ソノラマから出た「帰ってきたウルトラマンアルバム」の方がカラー写真が多くてよかった部分も多いけれど、こっちはまた切り口がちがっていてまた別の意味でいいかも。帰りマンにつながる世相がよくわかっていいかも。さっき書いたダンガーの回にしても当時のカレンダーがついていて、そういう日だったのかとちょっと感心してしまう。特によかったのが付録DVDに入っていた音声で第18話の初放映時の団時朗さんのナレーションが泣ける。こんなもんちゃんと録音して残しておいた人がいたというところが素晴らしい。帰りマン好きだったらこれは買っておきましょう。エース以降は出してくれへんのだろうか?

2006年6月11日 (日)

ピクミン2全クリ!!

 買ってから何度も挫折しながらほふく前進で進めてきた「ピクミン2」を今ようやくすべてお宝ゲットし、ボスも全部倒し、あの人も助けてめでたくクリアした。最後のボスで全属性攻撃してくる変形クモ野郎はめちゃめちゃ強敵だったが黄色ピクミンで「毒」「火炎」「水」「電気」の順でパーツをはがしてゆけば長期戦を耐えて勝てた。それぞれの攻撃パーツをはがして母船に運び込んで、いったん地上へ戻ってやり直せばそのパーツの攻撃は次の回からは免除されるので、何度かトライすれば誰でも勝てるだろう。ついでに激ニガ10個・激カラ20個くらいスプレーを持ってたら尚クリアは楽かもしれない。
 ああ、なんかいい気分だ。

2006年6月10日 (土)

ブラバンデビュー戦

 中学生になった娘が京都駅での演奏会で演奏することになり、家内と見に行く。部員が少ないということと、娘の担当楽器の演奏者が少ないとかいうこともあるのか、入部間も無いのにもう演奏会に立たせてもらえている。ラッキーやないの?
 京都駅伊勢丹側の大階段付近が会場でえらく人も多い。
Dsc00002
 演奏そのものはうまくいった感じで、我が娘がこんなことしとるんや・・・・とちょっと感慨深かった。
模様はビデオで撮っておいて、帰ってからiMovieHDで取り込んでPLAYYANで再生できるようにエンコードをかける。早い。親父のiMac G4-800Mhzもたいがい早いとは思っていたが。本当5倍くらいMacBookProは早いのではないだろうか?と思うくらい体感的に速効でMP4に変換できてしまった。

 でも、なんかあれやなあ、この風景見たらどうしても「ガメラ3」の話になってしまうなあ。頭の上の鉄骨が落ちてきたらどうするねん・・・と隣の家内に話をしたらあきれられてしまった・・・・・

「五感」のチーズケーキ

 義理の妹が買ってきてくれる。「五感(GOKAN)」という
Vfmi0577
 京都高島屋に新しくできた店らしい。これなかなかおいしかった。「京北町美山の契約農家からの卵を使用」というのが売りのようだな。

2006年6月 9日 (金)

月刊「創」7月号を読む

 先日新聞でも報道された宮崎勤死刑囚の「死刑判決に関するコメント」が掲載されていて、おいてある本屋を探して立ち読みする。なんで、この人に興味があるのか自分でもよくわからない。こんだけのことをしておいて、またその後の言動を見ても「人」とは言えないけれど、単に「心の闇」と表現されるだけではすまない何かを、そして自分にもこういう「闇」のようなものがあってそういう何かが自分と周囲の隔たりを感じさせる原因に思えるのだ。自分は何なのか?何を想うのかということを突き詰めてゆくために・・・別に突き詰めんでもええのかもしれないけれど、そういう点で他人事では済ませられないような錯覚に陥っているのだった。
 宮崎死刑囚のコメントよりも、その後に掲載されていた論評の方がおもしろかった。宮崎勤なりに生育歴のどこかの時点で世界と自分との「ズレ」を感じていたのではないだろうか?その「ズレ」をうめようとする行動としてのビデオ収集であり、いやらし写真収集であったのだろうか?と書いてあった。そうした行動そのものが「ズレ」でなく埋め合わせととらえているのが興味深かった。自分なんかもそうなのかもしれない。周囲との一体感が感じられないのでモノに固執し続けているのかもしれない。
 買ってもよかったのになあ、でも¥600もないくらい今日は貧乏だったのだ。

「ウルトラマンメビウス」を聞く

ウルトラマンメビウス
ウルトラマンメビウスProject DMM with ウルトラ防衛隊 松井五郎 京田誠一

コロムビアミュージックエンタテインメント 2006-05-24
売り上げランキング : 1447


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
レンタルCDに寄ったらおいてあったので借りてくる。結構好きな歌なので買おうかとも思っていたがレンタルで済ませる。♬〜ぶつうかるう〜あ〜い〜はげまし〜あい  あたりからの展開と♬〜かなしみなんかないせかい のところからがとても気持ちいいので好きなのだ。なかなかいい雰囲気なのだが、なんか違和感を感じる。テレビと微妙にアレンジが違うのだわ。CDの方がアレンジがダサい。ちょっと幻滅やなあ。2曲目のワンダバは冬木透さん作曲でなんとなく納得してしまった。

2006年6月 4日 (日)

やけ買い!MacBookPro

 あまりの精神的苦痛に耐えられず、途方もない衝動買いをしてしまう。MacBookPro 2.0Ghz でメモリも2G搭載。先の4月に長年使ってきたPowerBookG4 400を手放してしまっていたので、Macがなくてすこし滞っていた用事もあったので必要に迫られていたということもあるのだが。MacBookの黒いモデルもちょっと魅力的だったのだが在庫がないということで、精神的な緊急度によってこれにする。
 とにかく起動がはやい。めちゃくちゃ早い。G4 400ではひっかかりまくっていたiPhotoもiTunesもスカスカ動く。これはすばらしい。某コーラスの会のHPの更新を滞らせていたのでofficeとGoLiveとATOKをインストールして取りかかる。ことえりはやっぱし頭悪いので使えない。言語環境からATOKをと指定するが?あれ?ATOKないやん?HPみてみると「インテルMacには未対応」なので使えないのだと。ユニバーサル化されたATOKは7月に発売だと。困った困った。仕方なくことえりを使う。効率とても悪い。
 用事終わらせて、自分の家族の昔からのデジタル写真を時間順に並べて整理する。これはとてもいい具合だ。軽々とスライドショウしてくれるのでやってて楽しい。やっぱし、いつしか精神的にすごく楽になってる。半日以上Macに向かっていたがなんの苦痛もないぞ。やっぱしクリエイティブなことするのは大事なのだ。Macがベストとも思わないが、現状では自分の頭にあるものを整理するにはとてもいいツールだと思う。今回の煮詰まりは4月にMac売ったのがいかんかったのかも(笑)

こんどはBOOT CAMPであそぼうっと

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30