人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« メビウス、電気と透明の関係・・・ | トップページ | やけ買い!MacBookPro »

2006年5月28日 (日)

「今そこにある危機・・・」と「パトリオットゲーム」

 昨日BS2でハリソンフォードの「今そこにある危機・・・」をやっていた。数日前には「パトリオットゲーム」もやっていてそれは見逃してしまったのだが、どっちも好きな映画で昨日の「今・・・」は見てしまった。なんか自分の頭の中ではこの2つの映画はごっちゃになってしまっていて、テロリストがハリソン君一家に復讐するのがどっちで、マフィアの麻薬資金抗争がどっちで、めちゃめちゃ凄腕の狙撃兵が出てくるのがどっちで、モニターに映る敵の基地襲撃を淡々とゲーム感覚で見てたのは・・・・・と大筋も個々のエピソードも頭の中ではバラバラに寸断されてどっちがどっちかわからなくなってしまっていた。
 「今そこにある危機・・・」を昨日見てちょっと整理できた。あんまし評判がいい映画ではないけれど、個人的にはスキだ。やっぱしあの凄腕の狙撃兵の兄ちゃんのキャラが好きで、ちょうどいま「バトルフィールド2モダンコンバット」にはまっているという事もあってよけいにおもしろかった。相変わらずハリソンフォードは弱い。この映画でもまた鼻血だしていた。エアフォースワンのハリソン君はちょっとばかし強すぎでいけない。これくらい危なっかしいのがええと思うのだ。

« メビウス、電気と透明の関係・・・ | トップページ | やけ買い!MacBookPro »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「今そこにある危機・・・」と「パトリオットゲーム」:

« メビウス、電気と透明の関係・・・ | トップページ | やけ買い!MacBookPro »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31