人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 牛靴仮面 | トップページ | バトルフィールド2モダンコンバットにはまる »

2006年5月 8日 (月)

曽我町子さん死去を悼む

 まだ60代、お若いのになあ・・・・。新聞記事では初代Q太郎の声に併せて「デンジマンでの悪の女王役」という見出しは必ずあった。やっぱしへドリアン女王だな。サンバルカンにもへドリアン女王は出てきたけれど、またスピルバンの「パンドラ女王」もええのだけれど、デンジマンのへドリアン女王のイキイキとした演技は何者にも代え難い。デンジマンでハンバーガーのベーダー怪人が出た回だったと思うが、たしか卵を孵化させてあとなんたらかんたらややこしい処置が必要なモンスターで、出てきたハンバーガー怪人を見て一言目が「まあ、おいしそう!!」だったように思う。放映当初デンジマンは、「異次元の敵」というここまでの戦隊にないイメージから「怖い」という印象が強かったけれどそれを緩和してくれたのが曽我さんだったと思う。ご冥福を。曽我さんの「オバQ音頭」聞いて寝ますね。

« 牛靴仮面 | トップページ | バトルフィールド2モダンコンバットにはまる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曽我町子さん死去を悼む:

« 牛靴仮面 | トップページ | バトルフィールド2モダンコンバットにはまる »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31