人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月28日 (日)

「今そこにある危機・・・」と「パトリオットゲーム」

 昨日BS2でハリソンフォードの「今そこにある危機・・・」をやっていた。数日前には「パトリオットゲーム」もやっていてそれは見逃してしまったのだが、どっちも好きな映画で昨日の「今・・・」は見てしまった。なんか自分の頭の中ではこの2つの映画はごっちゃになってしまっていて、テロリストがハリソン君一家に復讐するのがどっちで、マフィアの麻薬資金抗争がどっちで、めちゃめちゃ凄腕の狙撃兵が出てくるのがどっちで、モニターに映る敵の基地襲撃を淡々とゲーム感覚で見てたのは・・・・・と大筋も個々のエピソードも頭の中ではバラバラに寸断されてどっちがどっちかわからなくなってしまっていた。
 「今そこにある危機・・・」を昨日見てちょっと整理できた。あんまし評判がいい映画ではないけれど、個人的にはスキだ。やっぱしあの凄腕の狙撃兵の兄ちゃんのキャラが好きで、ちょうどいま「バトルフィールド2モダンコンバット」にはまっているという事もあってよけいにおもしろかった。相変わらずハリソンフォードは弱い。この映画でもまた鼻血だしていた。エアフォースワンのハリソン君はちょっとばかし強すぎでいけない。これくらい危なっかしいのがええと思うのだ。

メビウス、電気と透明の関係・・・

 ここのところメビウスがつまんない。なんかつじつま合わせに終始してるかんじで、ツルギが出てきたけれどもいまいち華やかさがないのだ。戦慄の捕食生命体ボガールも単発ならばええとは思うけれども、これがシリーズ通しての敵ということならばなんか美しさに欠ける。デザインがもうちょっとなんとかならんかったのか?せめてパワードのバルタン星人くらいのインパクトはほしいのだけれども・・・・・・。
 ミクラスが消える理由として透明化する電気系怪獣のデーターを参照した云々というのはまあ楽しいけれども、あんまりにも過去のシリーズとの関連性を引きずりすぎててかえってつまらない。ウルトラ5つの誓いを前隊長がおそらく坂田次郎くんから教わったというくらいにとどめてもらう程度で充分楽しいぞ。でもまあエレドータス出してきたのはちょっとマニアックでおもしろいことはおもしろかったなあ。
 なんでそういう事態になってゆくのかという説明はべつにええのだ。もっとメビウスなりの世界を出していってほしいのだけれども。

2006年5月25日 (木)

ガンクルセイダーのなぞ

 逆風しか吹いてこないこの頃。もうなんかしんどくなってきたなあ・・・・。唯一の楽しみは土曜の夕方に息子らとメビウスみることだが、先週はとうとうくだらね~仕事が入ったせいで楽しみを潰さざるをえなかった。
 ところで、第1話に出てきたチームGUYSの戦闘機は「ガンクルセイダー」という名前らしい。あれ絶対にどうみてもマイティジャックの「コンクルーダー」と違うのんか?と思っていたら本当にあれはコンクルーダーの改造ものらしい。そういうものが円谷に何機も残っていたのがすごい。
 ガンフェニックスの2機合体はなかなか格好よくって、小3の息子と「父ちゃんはガンローダー買うし、お前はガンウィンガー買え!」と意気投合しこんどできたら買いに行きたいと思っている。分離合体させてメテオール発動させてストレス解消を図るのだ(自分で言っててなんかわびしい)。パッケージ見てるとどうやら3機合体らしいけれど・・・・3機目って・・・・?

2006年5月18日 (木)

R1試乗

 一度載ってみたかったSUBARUのR1の試乗車を運転させてもらう。私の通勤用の愛車は同じSUBARUのVIVIOのGX-Rなのだが10年乗ってだいぶあちこちに問題が出てきた。かといって乗り換えてもいいなあ・・・・と思える車がどうにも見あたらなかったのだったがこのR1には目がとまった。評判を聞いてるとまあまあいい感じらしいし、なによりコンパクトなのが気に入った。ところがその辺で走ってるのもあんまり見かけないしどっちかというと不人気車。車として評価はすごく高いのに。R1ほしーなとあちこちに言いふらしていると、家内の知り合いのディーラーさんのご厚意で試乗車に乗せてもらえることになった。
060517_0713

 試乗車のグレードはスーパーチャージャー付きのS。自分が狙ってたやつだ。思ってたよりもでかい。中はVIVIOよりもゆったりしている。後部シートは気休めのようなモノ。後部窓も見た目恐ろしく狭いが、ルームミラーからの印象はそんなに視界が悪いというほどでもない。
 エンジンはなかなか軽快でハンドリングもとても軽い。思ったとこにすいすい旋回してくれる。アクセル踏み込んだ感じ、やはりVIVIOの方がトルクがあって力強い。でも、加速は負けていない。街中で乗るならば充分だ。まあ、通勤とかに使うのならばもんだいなかろう。マニュアルシフトのようなモードもあるのだが、これも変速時カクンとなるが、高速に乗ったときなんかうまく加速させたりエンジンブレーキをうまく使いたいときなんかに重宝するように思う。
 うーむほしいなあ・・・・気に入ったぞこの車。140万円もどこにあるんや・・・・

2006年5月14日 (日)

バトルフィールド2モダンコンバットにはまる

Dsc05868

 精神的に追いつめられる毎日。ちょっとでも現実から逃避できるツールはないもんかと噂を追っていると、このゲームのオンライン戦が非常におもしろいとのこと。お試し版がX-BOX360版で出ていて、これを落としてきてしばらく遊んでいるとこれはほんまにおもしろい。2~3日そのお試し版にはまり、これは製品版を買うしかないと思い立ちほんまに買ってしまう。これやってる間はしんどいことは忘れて没頭できる。ゲーム脳がどうたらこうたら・・・・、こういう殺伐とした3Dシューティングばっかしやってると現実と空想の区別がつかなくなるとかいう新聞記事がタイムリーに目につくが、もう数日家族も寝食もわすれて没頭しているのだった。

 しかしながらX-BOX360はというかX-BOX Liveはなかなかに気の利いたシステムだと実感する。プレステ3の概要も発表されたけれどX-BOXのええところの横取りの印象が強い。これでもうあとガルドセプトが出てくれたらなんも言うことはない。
 バトルフィールド2も殺伐とした内容だけれども、ゲームとして非常に良くできている。人間の性としてやっぱしこういう「合戦」「陣取り」というのは燃える要素を多く含んでいるのかも知れない。それを満たしながら現代戦のツールをかくもうまく簡素化して提供しているところがはまる要因なのだろう。どの兵科を選ぶか?何に乗るか?どこに身を潜めて、突っ込んでいくのか?狙撃するのか?「陣取り」ゲームが基本で仮想の空間でやれることの自由度がおそろしく高い。24人でワイワイ殺戮というのがまたいいのだろう(現実にこういうことやれって言われたらいやだけれど・・・・)。「突撃ファミコンウオーズ」もなかなか良かったのだけれど、オンライン対戦が不可なのと乗り物の操作性がしっくりこない、マップの出来がイマイチという点でこのゲームには負けているとおもう。
 やっていて押井守さんの「アヴァロン」をちょっと思い出してしまった。撃たれても死なないというのが、自分の感覚をまた別の意味で麻痺させてしまうかも知れない。

2006年5月 8日 (月)

曽我町子さん死去を悼む

 まだ60代、お若いのになあ・・・・。新聞記事では初代Q太郎の声に併せて「デンジマンでの悪の女王役」という見出しは必ずあった。やっぱしへドリアン女王だな。サンバルカンにもへドリアン女王は出てきたけれど、またスピルバンの「パンドラ女王」もええのだけれど、デンジマンのへドリアン女王のイキイキとした演技は何者にも代え難い。デンジマンでハンバーガーのベーダー怪人が出た回だったと思うが、たしか卵を孵化させてあとなんたらかんたらややこしい処置が必要なモンスターで、出てきたハンバーガー怪人を見て一言目が「まあ、おいしそう!!」だったように思う。放映当初デンジマンは、「異次元の敵」というここまでの戦隊にないイメージから「怖い」という印象が強かったけれどそれを緩和してくれたのが曽我さんだったと思う。ご冥福を。曽我さんの「オバQ音頭」聞いて寝ますね。

2006年5月 7日 (日)

牛靴仮面

Dsc05843

 ちょっと前から気になっていた「超造形魂」というパッケージを1個買ってしまう。「野球仮面」または「牛靴仮面」「機関車仮面」が当たって欲しかったのだがまずは大当たり。ゴレンジャーといえば初期数話のまともな話の「黄金仮面」「武者仮面」「ヒスイ仮面」「毒ガス仮面」あたりから出すんではないかと普通には考える所だが、こういうバカみたいなアイテムからを商品化してくれるあたりにやる気を(?)感じてしまう。野球仮面は声が永井一郎さんだったんだよなあ・・・・・。

連休後半戦

 また明日から仕事やなあと思うとちょっと憂鬱になってしまうが、とにかくこの連休は一切仕事の事は考えずに子供と遊んで自分の趣味の身辺整理をして過ごした事もあって、かなり巻き返してきたように思う。
 Dsc05841

 夕方から庭で家族で焼き肉する。うちは七厘使うというところがミソだな。それなりに手軽で結構火力あるし、おまけに油が落ちるので火力アップし肉そのものもいい塩梅になるのでいいことづくめなのだな。でも、結構ピッチ上げて食べないといけなかったりして。

2006年5月 5日 (金)

二分化される自我・・・・

 京都新聞の文化欄を読んでると「無益さ排除とブログ隆盛」というコラムが掲載されていた。要約すると
○ブログはその内容を大別すると
 1,多岐にわたる情報発信や情報交換を意としたもの
 2,書いている本人の身辺の雑記
と言える。前者は有益であることはわかるが、後者が本人以外には無益である事が多く、また本人にとっても無益である可能性が高い。もしかするとブログの本質というのはその「無益性」にあるのではなかろうか?
○今の社会は「功利主義」と言える。社会にとって「有益なもの」「有益な人」以外はその行き場を失いつつある。日常の会話についてさえ他人にとってどうでもいいような部分は徐々に行き場を失っていっている。とはいえそういう部分も「自分自身」であることには違いない。
○ブログは社会からそぎ落とされた人のささいな感情や思考の受け皿と成りうるものであって、それを書くということで人は自分という人間の全体性を確認しているのではないか?

 自分のこのブログもそうだけれども、ここへ来る前に自分のHPをやってるときから一貫していたのは「人にとって無益な記憶の書き残し」ということだった。「誰にも理解してもらうことのできない小さな記憶の断片をつづる」ということがどんな意味や意義があるのか?ということについては答えを得ることはできずにいた。少なくとも情報発信ではないということはわかっていたし、人間嫌いの私が人とのつながりを求めるかのような事をしている矛盾というのは感じられていた。そういう点でこのコラムはブログを書く人間ってなんなんや?という事について的確に仮説していると思う。他者との関係を持つ場面では社会人として割り切った考えをせねばならない自分と、ブログでは本音を語れる自分との二分化・・・・・もしかしたら自分のブログであるのに本音を書くこともできなくなってきているかもしれない・・・・・・。

仮面ライダーTHE FIRSTを見る

 リニューアル1号と2号のスーツのあまりのかっこよさと、立花藤兵衛が宮内洋さんということで映画に行きたかったのだが、時間が無くてDVDを借りるのをすごく楽しみにしていてようやく借りてみることができた。楽しみにしていたぶん、スカを喰らってしまった印象だ。悪いところをあげつらうと
○スタイリッシュな映像で非常に結構なのだが仮面ライダーの本質を大きくはずしてしまっている。言いたいことはテレビ版旧1号編の「改造人間の悲しみ」なのか?そうであるならば本郷の事を語りたいのか?一文字の事なのか?ウエンツとその彼女のことなのか?どうにも話が散漫だったように思う。
○話につじつまが合わない・・・・または納得しづらい点が多い。たとえば本郷と水の結晶の研究とのイメージがどうつながってゆくのかがさっぱりわからん。だから本郷が自我を取り戻すシーンや、ヒロインの姉ちゃんとバイクに二人乗りするシーンで感動がどうも薄かったり、ウエンツが赤いマフラーをプレゼントされて「よけいなことすんな!」と捨ててしまっているのに、病院脱走したときにはちゃんとマフラーしてたり。
○宮内洋さん、なんか力入りすぎ。ライブラリー出演の天本英世さんも出番はちょっとでいいのに出過ぎで感動が薄れてしまった。もったいない。宮内さんは「どうして立花藤兵衛役なのか?自分には風見志郎役しか考えられない」と怒ってはったようだが、そうしてもらった方がおもしろかったように思う。

 だいたいにしてこの仮面ライダー、自分ら40歳前後のその筋の人らに向けての映画だろうしいろいろ仕掛けはしてあるのにどうもわくわくしてこない。そういう点でメビウスに負けてしまっていると思う。次のメビウスの映画なんてテンペラー星人がナックル星人とガッツ星人引き連れて地球を襲ってきて、それに爺化したハヤタ以下ウルトラマンらが立ち向かうというのはおそるべきサービスではないか?イニシアチブとるのがテンペラー星人っちゅうところがいいよな?
 映画の続編はいいから、このスーツつかって仮面ライダーSPIRITみたいな話でテレビシリーズやってほしいなあ。

2006年5月 3日 (水)

「小さき勇者たち GAMERA」を見る

 小3の息子に「ガメラいかへん?」と聞くと「行く」と二つ返事。連休初日の今日行ってくる。封切り1週間で客席は1/3位の入り。まあまあかな?コアそうなファンよりも親子連れのほうが目立つ印象。
 映画自体は一切の予備知識がなかったということもあってか、非常におもしろかった。金子功さんの特撮も派手ではないけれども堅実でなかなか良かった。合成が最近の特撮モノにすればちょっとお粗末かな?橋から海に落下したジータスの水柱とか海を泳ぐジータスの影とか最近のテレビの戦隊モノとかウルトラマンでも見られるレベルの合成だったのがちょっとがっかり。特撮シーンの占める割合はそんなにない印象で、むしろ話の方が好感がもてた。やっぱしガメラは子供が絡んだ方がおもしろい。主人公の子役の子の演技もひたむきでよかった。なんでタイトルが「GAMERA 小さき勇者たち」ではないのかがラスト近くでわかってくるのだけれど、ちょっとばかしこれは無理のある展開だったようには思う。前半の伊勢志摩部分の件がいいムードで、お父さん役の津田寛二さんの存在感がある演技がとてもよかった。主人公の自宅の食堂も寂れたいい感じで、チャーハン作ってる津田寛二さんさんが実に楽しそうだったのと、客の中にチャンバラトリオの山根伸介さんがいて関西っぽさを出してたのがまたよかった。主人公とトト(ガメラ)との話だけでなく、子供の頃ガメラに助けられた事のあるお父さんにとっての「ガメラ」への想いを重ねるというのは今的で且つ、子供とガメラという関係を話の中心とするのにはいいアイデアと思う。以前、「GMK」のことで切通理作さんが京都で講演をされた時に「こういう荒唐無稽なドラマの良さは、人間の隠された本音を投影できるということは1つあって、にっちもさっちも行かなくなったときに敵に特攻して差し違えるというのは良くないと思うけれど日本人的な本音かな?ともおもうんです」と言っていたと思うのだけれど、映画の冒頭、4体のギャオスとガメラが戦うシーンがあってそのガメラは自爆してまで人類とお父さんを助けるのだけれど、同じような状況にトトが陥った時に主人公とお父さんは何をどう選択してゆくのか?というクライマックスも現代的な切り口でよかったし、お話そのものはすごく納得できる。
 ジータス出現シーンは、怪獣映画見ていて久々に怖かったなあ。ちょっと思ったけれど、この場面で子供が目の前でモシャモシャ怪獣に人が喰われるの目の当たりにするのだけれど、あの子絶対にPTSDになってしまうぞ・・・・・。


 ぜひこの路線で続編を作って頂きたいです。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30