人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 消えてゆけない・・・・ | トップページ | ウルトラマンメビウスを見る »

2006年4月11日 (火)

「立喰師列伝」を見る

 Dsc05783

 まじめな与太話としてなかなかおもしろかったです。「衝撃の新感覚アニメ」とかけっこう煽ってたのでどうかな?と思いましたが、ミニパトほどよく動いてた感はないですね。ローテクのように見える実はハイテクというのはやっぱしおもしろい。「月見の銀二」が残念ながら天本英世さんが故人となってしまわれたため別のかたがそのイメージを引き継いでなかなか雰囲気出しておられたのが良かった(天本さんも「紅い眼鏡」のスチルで一瞬映るけど)。あと、「紅い眼鏡」でその存在を示唆されていた、ハンバーガーの哲(作曲の川井憲次さんだ・・・・)、牛丼の牛五郎、中辛のサブ(河森正治さんだ・・・・・・)らがちゃんと映像化されたのはなかなか楽しい。クレープの真美とかはどうなったのか?
 全体を通してとても楽しめたのだが、「フランクフルトの政」のところで「(ぴー)ランド」のネタがやたらくどかったのは残念。すぐに映画館から消えると思うのではやいとこみなさん映画館に行きましょう

« 消えてゆけない・・・・ | トップページ | ウルトラマンメビウスを見る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「立喰師列伝」を見る:

» 【劇場鑑賞35】立喰師列伝 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
「月見。・・・蕎麦で。」 [続きを読む]

« 消えてゆけない・・・・ | トップページ | ウルトラマンメビウスを見る »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31