人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

緯度0大作戦を見る

 Zero

 昨日買った、「緯度0大作戦」のDVDを息子と見る。25年ほど前に弟が買ったK文社か講談社の豆本にダイジェストと登場メカとモンスターが載っていて、ずーっと気になっていたのだ。この歳になって見られるようになったのはなんとも喜ばしいことだ。
 見終わっての率直な感想は、なかなかおもしろかった。制作年度で言えば「キングコングの逆襲」「フランケンシュタイン対地底怪獣」辺りであるので東宝の黄金期をちょっと超えた頃だし、そんなにど派手な映像とは言えないが、α号、黒鮫号の特撮はなかなかかっこいい。うすうすそうかとは思っていたが、「ふしぎの海のナディア」の元ネタはこれだった。α号ブリッジの銘板とか磁力線に捕らわれるエピソードとか、緯度ゼロの都市のイメージなんかも・・・・映画見てはっきり確信してしまった。α号、黒鮫号がらみのシーンが嘘っぽく見えない。なんというのか、空気感があって架空のデザインながらもすごくリアルに見える。反面合成怪獣グリフォンとかコウモリ怪人とか大ネズミとかの造形がさっぱりで、あんまりひどすぎて笑えてくる。特にコウモリ怪人なんかはショッカーの蝙蝠男にはっきし言って負けている(笑)。グリフォンもなんか活躍するのかとおもってたらなーんもしない。ちょっと位暴れてくれてもよかったのでは?ドクター・マリクよ、黒い蛾のおばちゃんを改造しないほうがよかったんやないの?
 ラストはあんまし東宝特撮にはない、ちょっと雰囲気のある終わり方でそれがとてもよかった。
 幻の映画と騒ぐほどでもないけれど、こうやって気軽に見たい映像を見られるというのはええことですな。

2006年4月29日 (土)

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 12巻を読む

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (12)機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (12)
安彦 良和 矢立 肇 富野 由悠季

角川書店 2006-04-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 9巻以降、なかなかジャブローから飛び立ってくれないホワイトベースですが、なんかこの隙間話もけっこうおもしろい。この漫画の構成上やっぱしここにこういうエピソードを挟まないと、いかんかなあ???12巻読んでから、もういちど9巻から通して12巻まで読んだのだけれども、とんでもなく世間が狭い(笑)ことを除けば登場人物それぞれの人物描写に磨きがかかっていておもしろい。シャアが動きをとる起点になったのが母親の死であるということ。ララアとどこで出会ったかということも含めて、「逆襲のシャア」で明らかになった「母親へのコンプレックス」描写が非常にわかりやすい。あと、テム・レイがいい。ミノフスキー博士の弟子であったという事と、師を超えられないことへのコンプレックス。そういう父親とつながっているアムロの性格とのからみなんかはなかなか興味深い。
 ルウム戦役まで話は行って、そこからちゃんとホワイトベースは宇宙へ行ってくれますでしょうか?スレッガーのGM部隊の活躍なんか早く見たいなあ。でも、この漫画終わってしまうとこの雑誌そのものが無くなってしまうから、終われないんでしょうな。次に「ZガンダムOIGINE」なんか始まったりして・・・・・。

リタイヤ人生

 連休に予定していた用事をすべてキャンセルする。精神的にもう自分に負荷をかけたくはないのだ。用事の相手は「なんでよ~」とドタキャンに困惑されてしまう。ほんとうに申し訳ない。もう、アテにしてもらえんかもしれんなあ。家内からも愛想つかしたと自堕落さをしかられる。立つ瀬がない・・・・。
 とにかくもうなんにもせんと、家にひっそりこもっていようと誓うが、「緯度0大作戦」のDVDを昨日仕事で買いそびれていたのでショップに出かける。本当はBOXでほしかったのだが通常版しかなく、まあおんなじ映画の英語音声とチャンピオン祭り版と3つも持ってることはないか・・・と思って通常版にしておく・・・・。がよく考えりゃDVDなんだし1枚にその要素が収まらんかったものなのか?
 午後からはぼーっとFF11の続きで遊ぶ。X-BOX360に移行済み。気がついたら4時間ほどやってた。のわりには効率悪い戦いだったなあと思う。まだレベル14。はやくサポートジョブがほしいぞ。X-BOX Liveをなんとなくシルバーからゴールド会員にする。あんまし深い意味はなかった。けどバーンアウトリベンジのオンライン対戦やってみてアタリだったと思った。おもしろい。これはおもしろい。このゲームならば自分でも充分に勝機があるぞ。多少ラグがあるが気にならない。

 人と関わらんと言っておいて結局X-BOX Liveでお世話になってしまった・・・。FF11でも知らん人にケアルしてもらったし・・・・・。

2006年4月24日 (月)

つまらないものの正体・・・・

 用事を済ませて家に帰ると家内が難しい顔をしている。ご近所のお家を解体するとかで業者が挨拶に来たと。その時に「つまらないものですが・・・・」といっておいていったらしい。
Vfts0003

 いまどきそんなこと言う人おるんやなあ。「なんか思わず杖で叩き落としたなったわあ」と家内。
どんなにつまらないモノか、娘と一緒に開けてみる。
Vfts0002

ほんまに・・・・・つまらないものやった・・・・・(苦笑)

リタイヤ~

 精神的にリタイヤ。先輩に頼み込んで1日休みをもらう。とにかく休養が必要。悪いことだけでなく、いいことも心に突き刺さる。対処法は自分なりにはわかっているのだ。気にしなければええのだ。しかし、悲しいことにそう聞けないしモノが見えない。見たまんま、感じたまんまを周りの人は口にしてるだけで他意はないとは理屈ではわかる。そんだけわかっててもグサグサ世界の様子が突き刺さる。
 いたたまれず職場から逃げ出すと道路には内蔵飛び出して2つ折りになって死んでいるネコとか、ラーメン屋では店長が店員に「ノロマ!!」と檄を飛ばしている。もうだめ・・・・。
 当面人から離れて生きていたいがそうもゆかないこともわかってる。仕方ないので今日の休みを有効に使うしかない。すごく久しぶりに東寺の境内で座って半日涙を流す。まだ、癒される分ましだな。

2006年4月22日 (土)

FF11をX-BOX360に・・・

 ハイデフであるかどうかは個人的にはどうでもよくって、もう少し気軽に遊べないかということで360版を買ってしまった。360のソフトって実はすでに置いてなかったり、ランブルローズとか売れ筋のソフト以外は数本しか入荷してくれない店が多くて、手に入れるのにちょっと苦労してしまった。インストールがまた大変。プレイオンラインビューワー含めて2時間近くかかってしまう。一旦インストールしてしまえばあとは非常に快適でソファで楽な姿勢でゆっくり遊べる。360ってゲームそのものよりも通信することを前提としたゲームの考え方が非常にいい感じだ。ドリームキャストなんかはモデムだったけれども考え方はすご~く良かったんだと今更ながら思ってしまう。
 PS3も発表されたけれど、なんか物量作戦っぽい感じで、ゲームのおもしろさそのものへのアプローチがどうであるかはちょっとばかし疑問なのだな?X-BOX360がんばってほしいなあ・・・・・

2006年4月15日 (土)

メビウス・・・おもしろいやん!?

 まだマックスのラスト近辺をみれてないのにもうメビウス2話。グドン登場。ツインテール抜きのグドンなんて・・・・と思ってたが、ちゃんとツインテールの存在もあったことがフォローされていたし、グドンそのものの造形もなかなかに素晴らしい。鳴き声もちゃんと昔のまんま。グドンはやっぱし夕焼けに映える。
 戦闘の素人をこういうチームに連れてきてほんまにええんか!?という疑問は残るが、まあその辺はウルトラマンなんでいいだろう(笑)先任の隊長は第1話でどうみても怪獣に突っ込んで爆死と見えたが、行方不明ということらしい。第1話もちゃんと見てみたが、ウルトラ5つの誓いがいきなり出てきてびびった。それを教えてくれた「友達」というのは坂田次郎くんの事だろう。川口秀樹さんが出てきたら、マックスでの西條康彦 さん登場より真夏竜さん登場よりも絶対にびびることだろう。どうもメビウスって帰りマンに直結してる世界みたいだし団次朗さんなんかは現役だしモノホンの郷秀樹役で出てきたりして・・・・・(の割には80とユリアン目立ってたよなあ)

 OPのラストの影絵もなかなかいい雰囲気で結構だし、個人的にはおもしろいなあと思いますメビウス。放送されてない地域あるらしいですなあ

2006年4月11日 (火)

ウルトラマンメビウスを見る

 まだマックスをバルタン星人辺りまでしか見れてないのだが、メビウスの1話を息子らと見てしまった。なかなかおもしろかった。

・OP。ウルトラの父の唇が動いている。なんかブキミだ。「ウルトラの父はなあ、ヒッポリト星人の戦いで死んでて、魂だけの存在になってるんやぞ~」と説明してる自分がちょっと情けない。ウルトラマンAとかタロウの誕生シーンのイメージを現代の技術でやったらああなったという感じか?なんか80とユリアンとアストラがやたら眼に付いていたようにおもうのだけれど・・・・?
・いきなり全滅する防衛隊。あの戦闘機はMJのコンクルーダー?そっくりと思うのですが?
・感謝されないウルトラマン。「なんも守れてねーじゃねえかあ~」その通りだ(笑)息子らには思いっきり受けていました。メビウスの路線はどうなんだろう?マックスほどタロウじみてなく、かといってネクサスみたいな超シリアス路線とも違う。帰りマンみたいな悩める、成長するウルトラマンの現代版みたいなことを目指そうとしているのか?

 切り裂く怪獣もよかったしメビウスも男前だし。期待して見てゆきましょう

「立喰師列伝」を見る

 Dsc05783

 まじめな与太話としてなかなかおもしろかったです。「衝撃の新感覚アニメ」とかけっこう煽ってたのでどうかな?と思いましたが、ミニパトほどよく動いてた感はないですね。ローテクのように見える実はハイテクというのはやっぱしおもしろい。「月見の銀二」が残念ながら天本英世さんが故人となってしまわれたため別のかたがそのイメージを引き継いでなかなか雰囲気出しておられたのが良かった(天本さんも「紅い眼鏡」のスチルで一瞬映るけど)。あと、「紅い眼鏡」でその存在を示唆されていた、ハンバーガーの哲(作曲の川井憲次さんだ・・・・)、牛丼の牛五郎、中辛のサブ(河森正治さんだ・・・・・・)らがちゃんと映像化されたのはなかなか楽しい。クレープの真美とかはどうなったのか?
 全体を通してとても楽しめたのだが、「フランクフルトの政」のところで「(ぴー)ランド」のネタがやたらくどかったのは残念。すぐに映画館から消えると思うのではやいとこみなさん映画館に行きましょう

2006年4月 5日 (水)

消えてゆけない・・・・

 なんとか家にたどり着く。朝から体調が悪いところに加えて、精神的にも身体的にも激しい集中砲火を浴び半ば撃沈しながらの帰宅だった。「ばこばこさんってなあ、話聞いてもろてたらなんか『言うたった~』っていう気になれるんよ。だからありがたい存在やとおもうねん」といつだったか私の事を評してた人がいたが、きょうはもうほんまにええ迷惑だ。そういう自分がなんか呪わしい。「あんたに言うても仕方ないとおもうけどとりあえず言うとくわ!!」だと。あんたはそれで恨みの一部も晴れたやろうね。言い返せん立場の私の事なんか考えてもおらんわなあ。
 すべてのリソースが尽きた感じだ。さりとて消えるに消えられない。死ぬに死ねないというのもまた呪わしい現実だったりする。もうしばらくは誰とも会わんし話もせんぞと思ってると別の所から「用があるので!!」とのお誘い。つくづく自分の運のなさに幻滅してしまう。富野由悠季さん・・・・わざわざ健康的に生きるってつらいことですねえ・・・・。
 まだ今週2日もあるのに万策尽きた感じだ。人知れず自分の世界に逃避しようとGBAの「ユグドラユニオン」を買ってしまう。ゲームなんて買ってる分結構まだ前向きかもしれない(笑)

 

2006年4月 2日 (日)

ついにミロカロスをゲット!!

 Dsc05771

どうもいいことが全然ないなかで、ちょっとだけ良かったこと。ついにミロカロスをゲット。いや~すごく苦労した。
ヒンバスのポイントを探し当てたのはもう去年のいつだったか。美しさを上げるポロックをつくって進化させてミロカロスゲットはもう時間の問題とおもっていたがそれは甘かった。木の実がないのだ。美しさを上げるポロックの元の木の実を娘が教えてくれたのだがそれを持っていない。木の実はとうに世界から消えていてフカフカの土しかない。1日1回木の実をくれる人らから地道に木の実を収集していってようやく娘のお薦めポロックをヒンバスに与えたがレベルアップしても進化しない。美しさは最大値なのに・・・・・。ネットで情報を収集したら「ロメ」と「ネコブ」の実がいいらしい。また木の実探しの旅がはじまり、手に入れ、栽培し、ヒンバスをメタモンに掛けあわせて卵を産ませて木の実を与え、そして今日ようやくミロカロスとのご対面となったのでした。

Dsc05770

 約束通り娘にはオダマキ博士からのご褒美の「ワニノコ」を報酬としてあげてめでたしめでたし。ホウエン地方のポケモンは無事制覇できたのでした。喜ぶ私を見て娘はちょっと苦笑してたけれど・・・・

2006年4月 1日 (土)

戦力の切り崩しに泣く・・・・

 後輩が他の部署に移動になった。時間かけて育てたのだが、どうにも仕方がない。残念だ。こういう事は常なこととはわかるが釈然とはしない。せめて晩飯いっしょに食べようと数名で京都の某所で待ち合わせする。
 暗い・・・・考え方が暗くなっている。鬱が一緒にきたみたいだ。気を紛らわそうとゲーセンに入る。鉄拳5の新しいバージョンが出ている。なんかどのキャラ選んだらええのかさっぱりわからない。それにちょっと難しくなってる。がなかなかおもしろい。それと「北斗の拳」が格闘ゲームになってるではないか?これはおもしろそうだ!!
と思ってやってみたら・・・・これがはずれだった。なんか爽快感がない。敵が爆発しないし・・・・・マミヤに残悔拳決めても破裂しないし・・・・・そんなん北斗の拳と違うやん!!バイクアタックされて腹立つし、なんかゴウカイザーやってるみたい。また暗い気持ちになってゲーセンを出る。
 近所におもちゃ屋があった。
060331_1935

 中はけっこうすごい。今時京都にこういうところあったか!!響鬼のディスクアニマルが、種類限定だけれども半額近いぞ。他にもゴロゴロと・・・・。しかし、売れてないみたいだけれども商売になってるのか?

 後輩らと合流し夕食をとる。暗い・・・・やっぱし暗い話になる。希望はなかなか見いだせにくいが現実を受け止めんと仕方がないだろなあ。暗い金曜だった。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31