人間嫌いを考える本・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 劇場版Zガンダム2を再び見る | トップページ | 緯度0大作戦 DVD発売!! »

2006年2月25日 (土)

QJ「映画ドラえもん」特集

 

クイックジャパン (Vol.64)クイックジャパン (Vol.64)

太田出版 2006-02-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 QJが「劇場版ドラえもん」を取り上げていたのでつい買ってしまった。「永久保存版映画ドラえもん大辞典」が内容濃くって読ませる。これはおもしろい。個人的には劇場版=大長編ドラえもんはあんまし好きではないのだ。のび太が勇気を奮い起こして「敵(悪)」と戦う構図がどうにも好きにはなれないからだ。1作目「のび太の恐竜」と2作目「のび太の宇宙開拓史」はまだ展開が自然だったし、アニメの作りもまあまあだったので嫌いではないのだけれど、「海底鬼岩城」あたりから嫌いになったかな?次の「のび太の恐竜2006」は今放映中の新ドラがなかなかおもしろくて好感もてるのでちょっと期待してます。渡辺歩監督、がんばってください!!

« 劇場版Zガンダム2を再び見る | トップページ | 緯度0大作戦 DVD発売!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: QJ「映画ドラえもん」特集:

« 劇場版Zガンダム2を再び見る | トップページ | 緯度0大作戦 DVD発売!! »

ついった

その筋の音楽

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31