人間嫌いを考える本・・・

  • かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)

    かわぐち かいじ: 空母いぶき 6 (ビッグコミックス)
    この痛快さを面白がっていてはいけない。しかしおもしろい!優位性を維持しようとする中国軍に、特殊作戦群は消耗を強いられてゆく。でもこれ、与那国、多良間島の話決着見ないまま、尖閣に飛ぶの??かわぐち先生の悪い癖?

  • 牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

    牧村 康正: 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
    一気に読ませてもらった。逸話の断片は知っていたが、まとまると凄まじい内容。「ヤマト」も「ブルーノア」も私は好きだ。その製作の背景でドロドロの戦いが繰り広げられていた実態がここにまとめられている。「ヤマト完結編」初日公開版最終3分がいかにして無くなったかの経緯にびびった!!

  • 司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)

    司馬 遼太郎: 殉死 (文春文庫)
     行き詰まったらこの本を読み返すことにしている。あまりに有名なこの人は、自分の事をどう思って生きていたのか?精神論の行き着くいた先には人の死に殉じるという結論しかなかったのだろうか?

  • 小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―

    小林 晋一郎: バルタン星人はなぜ美しいか―新形態学的怪獣論―
     ウルトラシリーズ(円谷プロ作品)を怪獣の形態の美しさを視点にして語るという、非常におもしろい本。成田亨さんを褒めるだけでなく、高橋昭彦さん、米谷佳晃さんら第2期ウルトラシリーズデザインをもページをとって褒めている(笑) これはすばらしい!!

  • 上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄

    上原 正三著: 金城哲夫ウルトラマン島唄
     ウルトラマンの創造者のひとり「金城哲夫」が空想の世界に託した夢と、その挫折から突然の死に至るまでに何があったのか?盟友の心の闇に上原正三氏が迫る。

  • 三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)

    三浦 俊良著: 東寺の謎(祥伝社黄金文庫)
     サイト管理者の高校時代の恩師の著。終章「私の歩いてきた道」に『信に死して願に生きる』という意味を知る。

  • ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ

    ササキバラ ゴウ著: それがVガンダムだ
     大人のしがらみ、軋轢の中で形作られた呪われた作品、それが「Vガンダム」なのだと。崩れ落ちてゆく精神を維持しながら富野由悠喜監督が戦い抜きたどりついた先にあったものは何か・・・・・

気になる風景・・・

  • この「穴」の意味・・・・
     出先や旅先でどうしても目にとまって、気になってしまうような景色ってあるものです。あるいは、失われてゆく日本の原風景なのかも知れないです。「見た!!」と言っても信じてもらえない心象風景を残しておきたいと思ってます。

境港・妖怪の旅

  • Dsc00181
     2004年8月、家内と島根県米子市の境港へ行く。  漫画家の水木しげる先生の出身地で、妖怪で村おこししてはる有名なところなのだが気合いの入り方が半端ではない。ゲゲゲの鬼太郎フリークでなくてもかなり楽しめる。村の中を本物の鬼太郎とねずみ男が練り歩き、ネコ娘がキックボードで追いかけてくるというまさに悪夢(笑)  家族連れからカップルまで是非行くべし。宿泊は米子でしやはったほうがええです。
無料ブログはココログ

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月29日 (日)

ナイトメア・ビフォア・クリスマスを家族でみる

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディションナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディション


ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2005-11-23
売り上げランキング : 441

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
大好きなのになぜか今まできっちり通してみたことのなかったナイトメアをレンタルで借りて、家族でみる。おもしろいなあ。最近は少し薄口になってきたけれど周囲との違和感を感じながら、自分は何なのかを主人公が模索するというティム・バートンの基本線のようなものが結構ストレートに出ていてそこのところがおもしろい。  一種のシチューエションコメディーと思えなくもない。ジャックらの考えるズレた不気味なクリスマスを受け取る人間との違和感が子供らにはおもいっきり受けていた。その奥底にあるなにかこう一抹の寂しさのようなモノ・・・・周囲とズレている自分らをシビアに自己覚知できている視点・・・・・それはティム・バートン自身がそうだったという、周囲とズレた子供だったという生い立ちが映画の底流に流れているのだと思う。

2006年1月28日 (土)

西遊記

 娘がフジテレビの西遊記にはまっていて、横目でみているのだ。
 _1
 私の世代にはどうしても堺正章さんの西遊記が強烈なイメージすぎて、比較してしまってしまって仕方がない。香取慎吾がちょっと気張りすぎなのが個人的にはいまひとつ。八戒役チビノリダーはちょっと狙いすぎ。内村さんの沙悟浄はなかなか。キュウリ好きというのはわかり易すぎて今まで気がつかなかった。深津絵里もなかなかわるくないかも。三蔵は今回馬に乗ってないのだな。
 有川貞昌さんのアナログな特撮が昔のシリーズの魅力だったけれど、今回のはちょっとしたところでさりげなく使ってる合成がなかなかいい雰囲気だったりする。獏の妖怪の回でガラスに閉じこめられた悟空の映像とか、なにげにさらっとやってるのがいいかも。
 でも、今回のシリーズもちゃんと天竺に着いてはくれんのでしょうね。
 三蔵のおっかさん役を伊藤蘭がやってたのがちょっとびっくりした。

ウルトラマン組み体操?

DSC05618

息子の作品でした・・・・(苦笑)

ガシャポンウオーズで行き詰まる

 この2週間ほどGCのガシャポンウオーズで行き詰まっている。フリーダムモード3戦目で相手はジェリドだ。
DSC05619

 ビグザム・クインマンサ・サイコガンダムが3〜4機づつという構成。非常に手強い。10回以上やってすべて負け。地形効果関係なく飛んでくるサイコに手痛く反撃を喰らってしまうのだ。手持ちのMS構成を変えて何度やってもうまくいかないので、ガシャポリス占拠はあきらめて、陣地70%占有に戦略を切り替える。それでもうまくいかなかったがなんとか突破。やたっ!!ご褒美はクインマンサかビグザムか?と期待する・・・・・アッシマーだった。

2006年1月22日 (日)

旋光の輪舞-Sound Tracks-を聞く

旋光の輪舞-Sound Tracks-旋光の輪舞-Sound Tracks-
ゲームミュージック

インディペンデントレーベル 2005-09-30
売り上げランキング : 823

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 これの発売が楽しみでX-BOX360を買ったのだが、探していたゲームミュージックのCDを芸術センターへ行った帰りにその筋のショップで見つけて買ってしまった。なんかこういう店にはいるのにこの歳になってちょっと抵抗も出てきたのだが、きっと俺ってそこの風景に違和感なく溶け込んでいるのかも???曲は元タイトーのズンタタの人らしくて、レイフォースとかはこの人なのだろうか?調べてみよう
公式サイトでも「旋光の輪舞」が春発売に向けて着々と準備が進んでいるみたいだ。X-BOX Live対応でオンライン対戦可能との事だが俺みたいなロートルゲーマーでもそれなりに楽しめるように手加減してもらいてーな。
 ついでにそばにあったゲーセンに寄ったのだが「北斗の拳」が対戦格闘ゲームになっていてなかなかおもしろそうだった。ケンシロウが波動拳みたいなの撃って昇龍拳してるし、アミバとジャギとラオウとサウザーとトキでは遊んでる人を見たなあ。いつかやってみたい。

京都芸術センターをたずねる

 仕事の関係で京都 室町蛸薬師にあるという「京都芸術センター」を探す。「碁盤の目」と言われる京都の通りにあって室町というのは南北の筋で蛸薬師は東西の筋。その交差点近辺を探せばいいので京都散策というのは比較的楽な気がするのだが、地方から来られる人にとっては非常に難しいことらしい。みんなどの筋も同じにしか見えないのだそうだ。東京・大阪とかは自分らからするととんでもない迷路にしか見えないのだが・・・・・。
 さて室町蛸薬師はすんなり見つかったのだが、肝心の芸術センターがない。どこや?それらしき建物がないぞ・・・・と思っていたら表示があった。元小学校の建物を改修し流用しているのだ。
DSC05525

 なんともいい雰囲気。わたしの母校の小学校もこういう木製の床張りだったなあ。階段も木製。年に1回は油引きっていうのがあって、その次の日は臭いのだ。母校の地下には石炭庫があって、朝石炭当番がストーブ用の石炭を用務のおっちゃんにもらいにいったりしていたなあ。そういうことを思い出させてくれる風情。職員室がカフェになっている。先輩を誘ってくれば良かったと後悔したのだった・・・・・。
DSC05523


2006年1月21日 (土)

存在の意義

 仕事がらみのちいさな集会があって、その参加者の方から「ばこばこさんが例会で前に立ってくれやはるようになってよかったと思うねん」「なんでです」「いや〜うまいもん。いっつもぼこぼこに叩かれてるけれど、うまいねん。ばこばこさんって『言うたった!』って思えるっていうか・・・・・うまいこと人の話聞いてさばいてるって思うわ」とご評価をいただいた。正直なところ・・・・・迷惑なお話である。叩かれてるということ自体にもう耐えられない何かを感じており、そういう自分が周囲のパワーバランスをある程度取ることに寄与できているとのことであってもそんなもんなんの自身も手応えも自分は感じられていないからだ。
 だいたいにして、自分は集団の中でそういう損な役回りであることが多かったように思う。この辺は被害妄想的な考えなのかもしれないが、それでも公正にみて自分はどうも損しているようにずっと思っていた。その事がこの人から見た「ばこばこさん観」によって証明されたように思った。きっと自分はどこまでも負け続けるように決まっているのかも知れない。

2006年1月14日 (土)

DS帰る・・・そしてマリオカート

 DSの修理が終わって、箱に入って郵送されて帰ってきた。クリーニングを行ったとのこと。費用は無料だった。
保護シートがボロボロで交換しなければならなくなったのと、マリオカートDSを早く買えとせっつく弟(37歳)の要望に応え、仕事帰りに買いに行く。ところが・・・・マリオカートが売り切れ。せめて保護シートと思ったがこれも売り切れ。なんということだ。何件か回ってようやく見つけて帰ってくる。DS人気というのはなんかすごいなあというのを実感する。
 動物のもりの村の様子をを久々に覗いて、狸デパートになってるのを確認してから、マリオカートを楽しませてもらう。
wifi
 しかしこのマリオカートはすごい。ゲームのシステムそのものはすでにこなれたものをつかってそれを非常に快適に通信対戦させてしまうというところに脱帽してしまった。折しもX−BOX360でリッジレーサー6の通信対戦をやっているのだが、ものすごくきれいな画像がガッタガタに動くリッジと比べて、携帯機でそこそこの画面の同じレースゲームが快適に動いてるというのはどうなのだろう?しかも対戦相手を知り合い同士か知らない同士かを選択できるというのもなんとも気が利いている。画面もマリオカート64と比べて遜色なくて、遠くの風景がポコポコ現れてくるというようなこともなく自然に描画されてくるのも、これで携帯機か?とびびってしまう。あえて文句言うならばボタンのアサインが変えられないというところだろうか?

 とにかくDSは子供らに非常に評判がいい。息子のクラスでもユーザーが増えているらしい。息子らの連れのフレンドコードをたくさん登録しておいていただいて、私がWi-fi対戦でカモにしてあげよう(笑)と密かに計画しているのだった

2006年1月 8日 (日)

スターツァーズ

これも何回も乗ってるけど飽きない乗り物。EP3辺りと比べると映像の造りはすごくアナログで、かえって安心してしまう(笑)060108_1309.jpg

ジャングルクルーズおたく

ここに来たら絶対二回は息子が乗る。船頭の兄ちゃんのアナウンスのファンらしいのだ。人によって当りとハズレがあり、今日の二回目の兄ちゃんは当りだった(笑)060108_0950.jpg

2006年1月 7日 (土)

リゾートライナーのプラレール

を見つけてしまった。既製のレールを縦にマウントするところがなんとも憎い。買っていきたいが諦めよう。060107_1741.jpg

東京ディズニーランド

家族サービスしてます。かなり空いてます。ファストパスつかって結構まわれましたね。
ホーンテッドマンションも今だけナイトメア版でドロドロしてません。ファンの私としてはとても満足。060107_1554.jpg

2006年1月 6日 (金)

DSが帰ってこない・・・・

 12月半ばに任天堂DSの十字キーの「下」が入りにくくなり、修理に出すことにした。きっと息子が「どうぶつの森」やってて荒い使い方をしたのだろう・・・・。私の家は京都でもほんとうに不便なところに位置しているのだが、任天堂本社のあるホコタテ町がすぐ近所にあったり、有名な家電メーカーの持ち込み所がそこかしこに点在しているので、そういうときにはとても便利なのだ。12月はじめは金欠だったがボーナスと給料が日程的に重なり、借金も返すことができ、マリオカートDS位は買える余裕もあったのだが、無理して買ったX−BOX360の検証もしていたのでまあええかと思ってDS修理に踏み切ったのだった。
 年の暮れ、任天堂からはなんの返事も来ない。おかしいやん?弟(37歳・既婚)からは「マリオカートDSはやいとこ対戦しよう!」と催促され、wi-fi対戦のおもしろさも散々自慢された。それでも音沙汰がない。任天堂のHPを見てみた。「年の暮れは修理が集中致しますので、お渡しは年明けになると思われます・・・・」との答え。まあ、しかたがないか。めっちゃくっちゃきれいな画面がガッタガタとスクロールするリッジレーサー6の通信対戦の画面を見て息子は「父ちゃん、マリオカートのwi-fi通信の方がきれいやで!」と悲しいお言葉。
 年が明けた、帰ってこない。松嶋菜々子さんの脳年齢のゲームのCMが古畑任三郎見てたら何度も流れる。欲しい。任天堂はまだ正月休みらしい。明日から家族で旅行に行くのでできればDS持って行きたい・・・・・。仕方がないから中古で、もう一台買おうと思ってトイザらスに行くと「売り切れ」。もうどこへ行っても「売り切れ」。なんでや〜。DSってそんな人気あったんか!?明日はミクロとゲーム&ウオッチギャラリー4持って旅に出ることにします・・・・

2006年1月 4日 (水)

古畑任三郎正月スペシャルを見る

 今日はイチローが犯人で・・・・向島元巡査が実の兄っちゅうのは無理矢理でなかなかおもしろいのだけれど。このシリーズ、西園寺が出る前の方が絶対におもしろかったと思う。今泉のみっともなさを引き立てるのが意図なのだろうけれど、個人的に役作りが気取りすぎでどうも好きになれない。しかし、イチロー結構演技うまいかも?

2006年1月 1日 (日)

初詣は・・・

 元旦の午後からはいつも行く京都の北の小さな神社に初詣する。行列が・・・・ということはないけれどえらく今年は人が多い。ここに来るとひなびた雰囲気がお正月を感じさせてくれるのだ。この神社、狛犬でなくて「狛鳩」なのだ。
hato0 hato1

「酔鯨」のアテ・・・・・

funazusi

 弟と義理の妹が錦市場にいって「鮒寿司」を買ってきてくれる。自分らは滋賀までいって川魚とシジミの佃煮を。これで酒はおっけーだ。大晦日の夜はゆっくり楽しませてもらう。しかしまあすごい発酵臭。子供らは逃げていってしまう。義理の妹は初めて食べるらしいけれど「おいしい」と喜んでいた。鮒寿司も慣れるとやみつきだ。高いけれど。いい純米酒があったらなんぼでも食べられるなあ。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

ついった

その筋の音楽

  • 戸川純 with Vampillia -

    戸川純 with Vampillia: わたしが鳴こうホトトギス
    最初聞いたとき、滑舌の悪くなったひょろひょろ声の戸川純さんに絶句してしまった。ちがう!なんかちがう!? しかし、繰り返し聞くうちに印象が変わってきた。タイトル曲「私が鳴こうホトトギス」の意味が分かったような気になりで泣けた。絶景なるかな・・・・ (★★★★★)

  • 音楽:渡辺宙明 -

    音楽:渡辺宙明: Columbia Sound Treasure Series「透明ドリちゃん」オリジナル・サウンドトラック
    このようにマニアックなサントラが今発売されるとは。宇宙刑事ギャバン流用曲最後のピースがここに明らかになる。若き日の「柿崎澄子」さんを思い出しながら聞こう! (★★★★)

  • 坂本龍一 -

    坂本龍一: 音楽図鑑-2015 Edition-(紙ジャケット仕様)
    以前の版にに比べて大幅な音質の向上+追加収録曲。特にdisk2を聞いていると、このアルバムがどのように形作られていったかを思い巡らせることができて非常に興味深い。紙ジャケ大好き!! (★★★★)

  • ゴダイゴ -

    ゴダイゴ: 西遊記
    発売は私小五の頃。50歳近くなって、今改めて聞いて実に絶妙な構成であることを実感。ゴダイゴのアルバムでありドラマ西遊記のサントラという立ち位置がバランス取れていて素晴らしい。 (★★★★)

  • 戸川純 -

    戸川純: TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
    内容的にはダブってしまう方もいるのだろうけれど、私のようにこれまでのアルバムを買ってこれなかった人には非常に価値の高い中身だと思う。特にDISC-3の「ラジャ・マハラジャ」は必聴だ! (★★★★)

  • 飯島真理 -

    飯島真理: blanche(ブランシュ)(紙ジャケット仕様)
     飯島真理さんにリン・ミンメイのイメージばかりを重ねていけない!!吉田美奈子さんのプロデュースが光るこのアルバムは癒しとしても聞き応えありと思う。 (★★★★★)

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31